*Tokyo 100 Messengers Photo Exhibition*

東京という街に生きるメッセンジャーたちを、同じメッセンジャーが捉えたリアルな姿です。
そこに見える東京の風景も他にはない視点だと思います。
ぜひ!!


写真のコンセプトは「REAL
東京で走るメッセンジャーのリアルな姿を表現したいと考え、
2011
10月から20129月の351日間をかけて街で出会った
メッセンジャー(10社、計100)のポートレートを撮影。

メッセンジャーという仕事は一人でいて一人ではない。
会社や街、そして国を超えた職業です。
夏の灼熱の暑さを誰よりも知り、
冬の雨の冷たさを誰よりも知っている。
でも一人ではない。
街で会う仲間はいつも笑っていた。

東京という「街」にいるメッセンジャーの写真をぜひご覧下さい。


Junichi "GON" Murakami
Photo Exhibition
TOKYO 100 MESSENGERS
日程:2013.1.5(sat)-1.12(sat)
時間:11:00-20:00
場所:デザインフェスタギャラリー原宿 (2-E)
住所:東京都渋谷区神宮前3-20-18


*World Courier Calendar 2013 発売中!!*


*Nuts!filmsとKO, Messenger Scrum*

Nuts!Fesも開催している映像プロダクションNuts!Filmsによるデイジーメッセンジャーの映像が出来ました。
 


メッセンジャーのK.O.(ケーオー)の一日のある部分を撮影したものです。
制作のZukkiさんは元メッセンジャー。自分の先輩にあたります。

メッセンジャー時代からよくカメラを回していて、特に2002年のコペンハーゲンでのCMWC
(Cycle Messenger World Championship=メッセンジャーの世界戦)を撮ったビデオは本当に面白くて今でもよく見ます。
今はメッセンジャーの映像がいろいろありますが、当時の、ブーム以前の、メッセンジャーたちを、ただただ勢いだけで切り取った映像はサイコーにかっこいいのです。見たい人は貸しますので言ってください。

他にも先日相模湖で行われたシングルスピードのMTBレースSSJの映像や、
普段は主にローカルのミュージシャンのライブ映像とかを作っています。








ところで冒頭のビデオでKOが着ているジャージは先の東日本大震災への支援を目的としたチャリティージャージです。詳しくはこちら

ネイビーはメッセンジャー限定色でMessenger-scrumのマークが入っています。
MSGR-SCRUMとは、(以下サイトより引用)

msgr-scrumとは、2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震での被災地及び被災者を、日本のメッセンジャー達が所属会社の垣根を超えて 中・長期的に支援するプロジェクトです。そうした支援活動をきっかけにメッセンジャー達が【スクラム】を組んで被災者だけでなく、自らのメッセンジャー業 界の将来に備えたり、人間としての生き方を改めて見つめ直そうという啓蒙活動も含まれます。

震災への支援として様々な手段が候補に挙がりましたが、即効性、即応性および透明性を考慮してまずは、既に被災地で活動しているメッセンジャー関係者へのサポート(募金)を通じて現地への支援とさせていただきます。

募金活動の次の展開としては、このプロジェクトに関連したアパレルや服飾品を制作し、その制作にかかったコスト以外を義援金として被災地に寄付することが 検討されています。更に、今般の福島原子力発電所の事故を受け、エネルギー源の再考及びエネルギーシフトも含め、ゆくゆくは「本当の豊かさとは?」と言っ た啓蒙活動や訴えも社会に対して行おうと考えています。

更に、このプロジェクトを通じて実際に東京で大きな災害が起きた際にメッセンジャー業界全体が「東京の情報網」として機能できるような「防災マニュアル」の作成や有事の際に「どうするのか?」と言う意識の統一も図っていきたいと考えています。

About MSGR SCRUM

MSGR SCRUM is a long-term supporting project consisted by bicycle messengers from various companies, which aims to help the victims and the disaster areas of 311, Eastern Japan Earthquake. According to this blog, at first, we started to logistical support for the fellow messengers who entered in the area and delivery the relief supplies.

To the messengers in outside Tohoku (Eastern Japan), you may feel the economic stagnation, but its not something that had nothing to do with you. It is essentially important for the our future that Japan will revival rapidly. It does not make a sense, if you think that "I'm just only working in Tokyo", or "All I can do is nothing without riding a bike". We have vitality and youthfulness. Its no reason to use them for helping the reconstruction of Tohoku. Please participate this action.

活動はかなり活発で、東京のメッセンジャーの行動力には頭が下がる思いです。
名古屋もやれることをやっていきます。

月曜日は日本の多くのメッセンジャーがあのネイビーのジャージを着て走っています。
そう思うとデリバリー中も心強く感じます。




*KaO 10-20/現在地 千駄ヶ谷2*

写真展のお知らせです。

http://www.buenobooks.com/slopegallery/exhibition_kao.html

何とかして見に行きたいものです。


KaO KaO KaO KaO



『 KaO  10-20/現在地、千駄ヶ谷2 』

 

                      KaO初の写真展 バイシクル・メッセンジャー10年追っかけの記憶

 

                      2011.3.3(thu) - 2011.4.1(fri)

                      SLOPE GALLERY www.buenobooks.com/slopegallery/

                      2-9-1-B1 Sendagaya, Shibuya-ku, Tokyo

                      Tel : 03-3405-0604

                      Open : 13:0019:00

                      Closed : Saturday / Sunday / Holiday

 

                      毎週木曜日(3月10・17・24・31日)は、9:00pmまで開館

                        7時以降はKaOもいますよ〜

 

           33日(木)6:00pm9:00pmオープニングパーティを行ないます。

           現役メッセンジャーのユニット[カレーボーイズ]によるカレーをご用意して、お待ちしています。

 

20007月より、大好きなメッセンジャーを撮るために、港区赤坂[溜池山王]の交差点でランチタイムのほとんどを過ごすように。

雨の日も風邪の日も、それぞれに見せる彼らの表情や姿が愛おしい!

……そんな思いでひたすら撮りためた、日々のメッセンジャーたちと街の写真をご覧ください。

期間中SLOPE GALLERYは、メッセンジャー・ライブラリーとして生まれ変わります!

 

KaO

20007月より自転車通勤と、東京・港区の[溜池山王]交差点を拠点にメッセンジャーの追っかけを開始。

父から譲り受けたニコンF2片手に、ランチタイムのほとんどを日常の彼らの姿を写真に収めて過ごすようになる。

以来、国内・外のメッセンジャーによるイベントのほか、自転車の映画祭BFFBicycle Film Festival)をサポートするなどして、

“メッセンジャーの近くにいる”ライフスタイルを楽しむ。本業は編集者・ライター。


*ECMC2010 Budapest その1*

 

ハンガリーのブダペストで行われたECMC(European Cycle Messenger Championship)に行ってきました。

ブダペストはこんなところ。

ダウンタウンは写真のような古いビルしかないです。
路地に入ると、

こんな感じ、

ダウンタウンと旧市街を隔てるのは、

ドナウ川です。
氾濫しないからか堤防はありません。そして青くはなかったです。美しかったけど。ウィーンまで行けば青いのかな。

着いた日は夜のBBQパーティーへ、

大体みんなこうやってとめるのです。


Photo by Rie

次の日はVelodrome(競輪場)でイベント、

ダウンタウンのすぐ近くにあるバンクで、スプリントとかバイクポロの予選です。


東京のDispa messenger serviceのYusuke。スプリントはメッセンジャーバッグを背負って走ります。

このバンクはとても古くて補修だらけでした。
野外バンクできれいなのは日本だけかもしれないですね。
これでも走ってるときは特に気にならないし。

右の大きな人は救急隊員。
外には救急車が待機しています。
この後のどの会場へ行ってもこうした参加者へのケア(朝食とディナーもついてきます)がとてもしっかりしてて、さすが長い間やってるだけのことはあるなと思いました。

Velodromeの内部、もう昼過ぎですが左側のテーブルの上に朝食の残り(大きくておいしいサンドイッチ)、奥でビールも売ってます。




この後、夜にダウンタウンを走るAlley Catが始まりますが、それは次回に。

イズル




*ECMC2010*

 

ECMC(European Cycle Messenger Championships)は今年で15回目を迎える、メッセンジャーのヨーロッパ選手権です。
昨年東京で歴史的なCMWC(Cycle Messenger World Championships)がありましたがこれはヨーロッパ版です。ちなみにわがデイジーのギシ君は10位でした。すごい。

市街地をクローズしてチェックポイントを作りピックアップ‐ドロップオフを繰り返すレースでヨーロッパチャンピオンを決めるわけですが、
ヨーロッパ各地からメッセンジャーが集まってワイワイ遊んだりビール飲んでイェーなんつったりするパーティーの要素も強くて、別にヨーロッパの人に限らず参加できる祭典のようなものです。

ヨーロッパ各地を巡回してて今年はハンガリーのブダペストでの開催です。
で、これに行くことになりました。

メッセンジャーはかなりボーダレスな職業で世界のいろんな都市を転々としている人が多いのです。
先日オーストラリアに行った友人が「東京のCMWCで会ったカナダのメッセンジャーがメルボルンで働いてたよ」なんてことがあったり、これはちょっとした自慢ですが僕もニューヨークに行ってたときにしばらくやってたことがあります。

これだけフラットに世界が広がっている職業はそんなにないと思います。ヨーロッパはさらにメッセンジャーカルチャーが広く社会にいきわたっているように見えるので、それを見るのも楽しみです。

そしてブダペストといえばこれ、



もともとメッセンジャーが5人で始めたクリティカルマス。
今はヨーロッパ中から何千人も来るイベントになってるそうです。今年はもう終わってしまいましたが、その話も聞きたいです。

そして今年のCMWCはガテマラ。南米のメッセンジャーは今まであまり繋がりがなかったそうです。
でもこれでまたメッセンジャーの世界が広がるというわけです。

イズル


<< | 2/2PAGES |

FOLLOW US ON
   

DAISY ONLINE STOREDAISY MESSENGER ONLINE STORE

categories

links

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM