*自転車修理サービス〜古い自転車のレストアやってます〜*


かつてはイギリスが世界の自転車のシェアの多くを占めていたそうで、第一次世界大戦でイギリスの国内事情が慌ただしくなり輸出するどころではなくなったあたりから日本や各国の自転車産業が栄え始めたという話です。そんなイギリスを代表する自転車メーカーRaleighの自転車をレストアしました。  



第二次大戦後アメリカに大量に輸出されたRoadsterの女性用タイプではないかと思います(詳しくは調べていません)。
アメリカは場所にもよりますが自転車をガレージ等に長期保管してもあまり錆びないので綺麗にレストアすると見た目も機能もかなりのところまで復活します。

 
 

Sturmey Archerの3Speed Hub
 
 

フロントハブは同じくSturmey Archerのダイナモ機構のあるDYNOハブ。電気の事は分からない部分が多かったので大須アメ横の古い電気修理屋さんで点検・整備お願いしました。ランプヘッドはなんとガラスです!


自転車や部品の製造が各国の国内産業として確立していたころのものはしっかり組み立て直すと今でも十分機能するものがほとんどで、さらにホイールの再組み立て、回転部のグリスアップと細かな調整とが合わさると、正直なところ現行のシティサイクルをはるかに上回る走行感になります。

今はインターネットオークションで古い自転車が多く流通しています。古いものとしての価値もそうですがそれ以上に、長く使える良いものとして乗るためにレストアをお勧めします。
 

DAISY MESSENGER
-Bicycle Messenger and Cycle Repair-
-メッセンジャー・自転車修理サービス-
Tel/Fax:052-231-8010
名古屋市中区大須2-18-45-402
info@daisy-messenger.com
www.daisy-messenger.com

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

FOLLOW US ON
   

DAISY ONLINE STOREDAISY MESSENGER ONLINE STORE

categories

links

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM