*ウールサイクリングキャップ発売のお知らせ*

Daisy Messenger Wool Cycling Cap

made by Welldone

Price: 4,800(w/o tax)

 

 

デイジーメッセンジャーのウールサイクリングキャップが2シーズンぶりに復活です!

 

 

フリップアップの耳当て付き。まだまだ寒いこの時期の通勤やライドに。

 

 

 

 

製作は名古屋ローカルのハンドメイドメーカー、WELLDONE(ウェルダン)です。

 

デイジーのワークショップまたはウェブストアでどうぞ!

 

 

DAISY MESSENGER 
-Bicycle Messenger and Cycle Repair- 
-メッセンジャー・自転車修理サービス- 
Tel/Fax:052-228-0977 
名古屋市中区新栄2-2-19新栄グリーンハイツ101 
info@daisy-messenger.com 

www.daisy-messenger.com

*Daisy Messenger Cycling Cap*


この年度初めは消費増税の関係や大手宅配便の遅延などもあって目が回るような忙しさ。

そんな中、長らく売り切れていたデイジーメッセンジャーのウールサイクリングキャップが入荷しました!

サイクリングキャップはベースボールキャップなんかに比べるとツバがかなり短くなっています。時には50kmを超えるスピードになる自転車、風を巻き込まずそれでいて雨や日差しから視界を守ってくれるとても実用的なデザインなのです。

4月に入ってもまだまだ暑さと寒さを行ったり来たりしてます。ウールのサイクリングキャップもまだまだ活躍する季節。
メッセンジャーをしていると一年のほとんどを外で過ごすのですが一年通して見るとコットンの薄手のキャップよりこのウールキャップをかぶっていることが多いです。

峠を走りに行ったり、キャンプや野外フェスに行ったり、ウールのキャップは一つあるととっても重宝します。
 

online storeで販売中です!
DAISY MESSENGER online store

またこの週末行われる、大名古屋自転車風俗展示会"All Nagoya Bicycle Exhibition 2014 Spring"
の会場でも出店しておりますのでそちらでもどうぞ。

日本を代表するフレームビルダーDobattsさんから若手ビルダー服部製作所、自転車屋のCircles、デイジーのサイクリングキャップも製作してもらっているWelldoneなどなど勢ぞろいするこのイベント、名古屋の自転車風俗をぜひ体感して下さい。

詳細はこちら
http://chariken.net/exhibition2014spring/


 

*Daisy Messenger ウールサイクリングキャップ発売!!*


*NEW YORK, NEW YORK*

Bike Messengers Life New York City
NYCメッセンジャーによるNYCメッセンジャー/サイクリストの写真集"Bike Messengers Life New York City"
Circles経由で入荷しました。3780円です。
もし欲しいなと思ってて、たまたま大須に来る用事がある人はぜひ。


ニューヨークは大好きです。
メッセンジャーを始める以前から主に音楽的に憧れておりました。
自分のバンドにニューヨークバンドという名前を付けたぐらいです(メンバーからの不満により改名されました)。

大好きなジョン・ルーリー、ジョン・メデスキやジョン・ゾーン、マーク・リボーといったTZADIKレーベル周辺、ほかにもソニックユースにビースティーボーイズらが活動する街だし、さかのぼれば僕のヒーローであるジェイムス・チャンス、リディア・ランチといったパンクスたち、もちろんジャズでもルー・ドナルドソンやモンク、バド・パウエルなんかはホームであり、バードランドやスモールズといったクラブでは数々の名盤が録音され、ライブハウスの聖地CBGBがあり、他にもニッティングファクトリーやトニック、ストーンではエッジの効いた演奏が聴けて、と書いてると興奮しがちですが、憧れだったのです。

メッセンジャーを始めるとまたニューヨークの別の側面が見えてきます。有名なフィルム"PEDAL"やいろんな写真、youtubeでみたAlleycatの映像などなど。仕事とかライフスタイルの価値観がひっくり返りそうになりました。

その後、名古屋でメッセンジャーをやるということ、あとバンドの方向性をなんとなく失ったまま行ったニューヨークで、向こうにいたバンドメンバーの紹介でなぜかやっぱりメッセンジャーをやらせてもらうことになり、週5でメッセンジャーやりつつ、他にもブロンクスでの大きなAlleycatを走ったり、Times upで手伝いしたり、前述のトニックやストーンや他の小さいクラブでいろんな演奏を聴いて回ったり(名のあるクラブは高くて行ってません)、量ばっかり多くて味はなんともなご飯ばっかり食べてたり、トイレがなくて困ったり、コニーアイランドのジェットコースターが本当に怖かったり、一生懸命しゃべった英語をスペイン語と間違えられたり。

とにかくエキサイティングな街でした。
今自分のやっていることはこのときの体験が元になっていると思います。
どこの街にもシビアな現実があると思いますが、そういうものをあまり見ずに帰ってきたので僕にとってニューヨークはただただ甘く、思い出すと切ない街です。

思い入れたっぷりの偏った文章でしたが、そんな街のメッセンジャーたちを撮った写真集です。
Bike Messengers Life New York City

Bike Messengers Life New York City

Bike Messengers Life New York City

Bike Messengers Life New York City

Bike Messengers Life New York City

メッセンジャーと言う側面から写真集がつくれる街だなんて素敵だと思いませんか。
僕はそんな街に住みたいと思うのです。

Bike Messengers Life New York City
Bike Messengers Life New York City 3780yen

名古屋市内であれば送料500円でメッセンジャーがお届けします。(お届けは翌日以降)

 

izuru


| 1/1PAGES |

FOLLOW US ON
   

DAISY ONLINE STOREDAISY MESSENGER ONLINE STORE

categories

links

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM